1hCaySの部屋

超無気力ゲーム日記

ゲームに課金することは愚の骨頂である

f:id:SyaCh1:20180703143112j:image

 

 

ブンブーン

 

 

今回はタイトルにあるように

「ゲームに課金することは愚の骨頂である」

要は「ゲームへの課金の有無」について書いきます

 

 

タイトルを見ていただければわかる通り

僕はゲームへの課金反対派です

 

寧ろアホだとおもってます

 

 

 

なぜ反対なのか?

 

理由は簡単

 

「若い人のお金は価値が高い」から

 

 

「いや、何言ってるの?w 若人でもご高齢の方でも価値は一緒なんだがww」

 

 

「 例えばうまい棒が1本10円で売ってるよな?

 

・若人の金の価値は高い→5円で販売

・老人の金の価値は低い→15円で販売

 

なんてならないだろ!論破! 」

 

 

って反論が来るかもしれませんが

そういうことではない

 

 

 

 ここでの価値ってのは

未来で発揮される価値のこと

 

「とは?」

 

疑問を持つ人がいるとおもうので

まずはその説明をします

 

 

 

【 ただの1万円と膨らむ1万円 】

 

例えば1万円があったとします

そのお金をゲームに課金しました

 

そうすると

1万円分のゲーム内アイテム( 強い武器だったり、カッコイイスキン等 )

を獲得することができます

 

 

以上、おわり。

 

 

その1万円によって得たものは

1万円分のサービスのみ

 

 

 

次に膨らむ1万円について

 

例えば

1万円があったので資格を取得しようとなりました

 

受験料で8千円

勉強のために2千円分

の教材を買ったとします

 

それで資格を取得した場合

どのような効果が齎させるか

 

 

その資格を獲得したことにより

・就職先の幅が増えます。

 

そして一番大きいのは

給与のUPが見込めます

 

 

言い換えれば

「1万円(資格)で何十万、何百万を買った」

と捉えることができる

 

 

ゲームの課金と比べてみると

ゲームの課金    →課金したお金相当のゲーム内サービス

学習面に充てる→1万円以上の価値をGET

 

どっちが自分によって利益が大きいか

チンパンジーから少し進んだ人間なら

理解できるはず

 

 

お金を使用する際には

機会費用( 他の選択をしていたら得られたであろう利益 )

・費用対効果( かかる費用に見合うか、又はそれを上回る効用が得られるか )

この2つを考え使用することがとても大切

 

 

 

但し例外もあります

 

それはゲーム実況者やプロゲーマーの方々などです

 

仕事内容がゲームをして金を稼ぐことなので

ゲームへの課金は仕事へと繋がります( 課金して強い武器をGETすることにより、動画が作れたりするので )

 

 

 

 あとは

金に余裕のある人

 

ここでの金に余裕のある人というのは

・ギャンブルなどで100万円が当たった!

ワープアなどの人が今月は頑張って働いたので手元に1万円余った!

という意味での金が余ってる人ではなく、

 

金融資産が数億円あって生涯使っても使いきれねえわ!

って人のことを指しています。

 

 それ以外の方がゲームに課金をすること

お勧めしません

 

 

 

 

ゲーム課金肯定派のよくある反論

 

 

⑴「経済回してるんだから文句言うな」

 

A.将来どうなるか分からない貴方が率先してするべきことではない

好きなゲームのサービス持続を支援するために課金する気持ちはわからんでもないが

自分の生活が第一

 

 

 

⑵「将来どうなるかわからんし、今楽しんだほうが良くない?」

 

A.どうなるかわからないから貯蓄すべき

若い頃に金が無いのと

じじばばになって金が無いのでは

全然違うんじゃないかなぁ